ガスの特性

LPガスについて

1.LPガスの性質

●空気より重い

LPガスは空気の1.5倍の重さがあり、漏れると低い所や物陰にたまる性質があります。

●ニオイがつけてある

LPガスそのものは無色無臭ですが、漏れたときに分かるように玉ねぎが腐ったようなニオイをつけてあります。ただし、まれにニオイが感知できない場合があります。

●燃焼にはたくさんの空気が必要

LPガスが燃焼するためには、たくさんの空気が必要です。

●液化しやすく気化しやすい

LPガスは圧力をかけて液化した状態で容器(ボンベ)にはいっています。通常、気体のLPガスは冷却(-42℃)あるいは圧力をかけると簡単に液化します。

  • ● 容器の近くで焚き火などをして容器の温度が高くなると、圧力が上昇して安全弁が動作し、空気中にガスを放出することがあります。
    (卓上コンロ用ボンベには安全弁がついていません。)
  • ● 液体のLPガスが皮膚に触れると凍傷になることがあります。

●クリーンなガス

LPガスそのものには人体に有害な一酸化炭素(CO)は含まれていません。

  • ● ただし、換気不足などで不完全燃焼を起こすとCOを発生します。
  • ● LPガスそのものは炭化水素ですから、大量に吸い込むと意識を失ったり、窒息することもあります。

2.LPガスの設備

LPガス設備には「お客さまの所有物」と「かもめガスの所有」があります。

供給設備とは

バルク貯槽やLPガス容器からガスメーターまでの設備のことです。

消費設備とは

ガスメーターの出口から燃焼器(ガス器具)にいたるまでの設備のことです。

3.バルクシステム

新LPガスシステムってなに?

このような形をしたタンクを見たことはありませんか?これはLPガスの新しいガス供給システムバルク供給システムといいます。

重心が低いので地震の際にも転倒する危険がありません。

● 『バルク供給システム』とは、バルクローリーによりお客様宅へ設置したタンク(バルク貯槽)に直接ガスを補給する供給システムのことです。

どうやってガスを交換するの?

ボンベのように交換はしません。専用のバルクローリーから専用のホースにより直接バルク貯槽にガスを補給します。従ってホースの通り道があればどこにでも設置可能です。

危なくないの?

ガスを運ぶバルクローリー車は、かもめガスオリジナル。もちろん安全には二重、三重のセーフティ構造です。また、バルク貯槽は重心が低いため、地震の際にも転倒の危険がなくとても安全です。

大きさは選べるの?

ガスのご使用量によっても異なりますが、お客さまの敷地にあった最善の大きさを選定いたします。